日野司法書士事務所 - 借金のお悩み解決 - 特定調停

特定調停の概要

消費者金融からの借り入れの利息を、利息制限法で定められた適正な利息に引き直し、借り入れ当初からの支払いを減額するといった手続き自体は、任意整理と同じですが、自ら個人で裁判所に申し立てをするという点では任意整理とは異なります。

また、特定調停は原則3年以内に完済しなければなりません。


メリット

・借り入れの利息を適正な利息に引き直して、債務額を減額することができる

・手続き後完済までの利息を支払う必要がない。

・特定調停をする債権者を選択することができる。


デメリット

・債権者が調停に応じない場合には、特定調停が不成立になる可能性がある。

・特定調停の成立後に返済ができない場合には、給料などの差し押さえ(強制執行)がされる場合がある。

・過払い金がある場合でも、特定調停だけでは取り戻すことができない(別途、任意整理や過払い返還請求訴訟の手続きが必要)